AzuYahi日記

どうでもいい知識、思いつき、過去ゲーの紹介、妄想などなど

しゃぶしゃぶ大会そして惨劇

スポンサーリンク

 

f:id:dende061160:20171222083107j:plain

 

こんにちは!AzuYahiです。

 

今回は高校卒業後すぐくらいのお話。

 

高校の時の悪友である、コウイチがある話を持ち込んできました。

 

高校時代の詳しいエピソードはこちらをお読みください。

 

www.azuyahi.xyz

 

にいさん!駅前のしゃぶしゃぶ屋で1500円食べ放題やるってさ!

※にいさんは僕の高校時代の呼び名です(^_^; 

 

これは大ニュースです。

 

僕は早速コウイチと食べ放題に参加するべく予定を合わせます。

 

たまたま同じく悪友のセイジとも連絡が取れたので誘ってみると喜んで参加するとのことでした。興奮しているのか鼻息が荒かったですw

 

僕たち3人はPM6:30にしゃぶしゃぶ屋に集合すると、早速注文をはじめます。食べ放題の制限時間は90分。

 

女性の店員を呼び止めてコウイチは早速注文を言ってきます。

 

「野菜とかいらんからじゃんじゃん肉持ってきて!」

 

女性の店員は丁寧に説明をはじめました。

 

「当店の食べ放題は、お皿交換制になっておりますのでお手元のお肉が全て無くなったら再度注文することが出来ます(*^_^*)」

 

コウイチはちょいと不満そうに店員に言いました。

 

「ってことはだよ?俺が全部食べておかわり注文してから、次の肉がテーブルに届けられるまでの時間って90分に含まれないよね?含まれるんならちょっと公平性に欠ける気がするんだけど。」

 

店員は困り顔で答えます。

 

「当店では途中で時間を止める対応はとっておりません(^_^;」

 

コウイチは更に抗議します。

 

「えええーーー。それだったら最初に肉をいっぱい持ってきてくれれば時間が無駄にならなくて良いじゃん。あーなんか損した気分だなぁ」

 

この様子を見ていたしゃぶしゃぶ店の店長が僕たちの席に近づいてきました。

女性の店員は店長にコウイチの要望(クレーム?)を伝えました。

 

店長はふむふむと頷くと、コウイチにある提案をしました。

 

「解りました。特別にお客様のテーブルには注文した数量だけお肉をご用意します。ただし条件付きですけど・・・・。」

 

コウイチは条件って?と聞きました。

 

「もし注文した食品を食べ残されることがあれば、その分の料金を請求させていただきます(*^_^*)」

 

店長の満面の笑みの提案にコウイチも満面の笑みで返します。

 

「要は残さなければいいんだろ?楽勝だなwじゃあとりあえず5人前持ってきて。」

 

交渉成立!!

 

テーブルには5人前の肉が並べられました。

 

見た目は凄い量だと思いましたが、3人でがっつくと意外にすぐに食べきりました。

セイジは不満そうに提案しました。

 

「1人5人前ずつ頼もうぜ!全然いけるわ。」

 

僕たちは同意して次からは5人前ずつ注文しました。

 

量はすさまじかったですが、美味しい肉だったのでどんどん食べることが出来ました。

 

スポンサーリンク

 

 

85分が経過した頃、どれだけ食べたのか解らなくなるくらい食べて、3人ともお腹がいっぱいになっていました。

 

そこで女性店員から悪魔のささやきが・・・・。

 

「ラストオーダーになりますがご注文ありますか?」

 

ラストオーダー・・・。

 

僕にとっては悪魔の囁きでした。

 

ラストと聞くとたとえ満腹でも何か頼まないと損した気分になってしまうのです。

どうやらそう思ったのは僕だけではなくコウイチとセイジも同じ思いなのが見てとれました。

 

僕はあと1人前くらい食べれるなと思ったので、コウイチとセイジに聞いてみると2人ともあと1人前ずつなら食べれるとのことでした。

 

僕は女性店員に注文します。

 

「すいません。あと3つお願いします。」

 

女性店員は注文を受け取ると、数分後僕たちのテーブルにとてつもない量の肉が並べられました。

 

なんと15人前でした・・・・

 

この時僕はすぐに理解しました。

 

僕たちはセイジの提案で5人前を1つとして注文を繰り返してきました。僕はさっきあと3つお願いしますと注文したので15人前が並べられたわけです。

 

愕然とする僕たち・・・。

 

そんななかセイジが冷静に言います。

 

「残したら、代金請求されるんじゃね?w」

 

僕たち3人はあまりお金を持っていなかったので追加分の支払いが出来るか微妙でした。

 

「今までいろいろな危機を乗り切ってきたじゃねぇか!気合い入れていくべさ!」

 

コウイチが気合いを入れて僕たち3人は一気に肉を食べ始めました。食べると言うより飲み込んでいた感じでしたがw

 

そしてついに15人前を完食。

 

3人とも腹が破裂するのではと思うくらい満腹で、話をするだけでリバースしそうなくらいでした。3人は店を出ると無言で帰り道を歩きました。

 

少し歩いたところで、コウイチがすれ違いざまの集団と肩がぶつかりました。

 

いてえな!!コラァ!!

 

ぶつかった男はコウイチの襟首を掴みながら怒鳴りました。

 

その瞬間、条件反射なのかコウイチは襟首を掴んだ手をひねりあげるとそのまま鼻っ面に強烈なワンパンを叩き込みました。

 

それを見た仲間の一人がコウイチの脇腹に強烈な蹴りを一発当てました。

 

その瞬間。

 

 

ゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロ・・・・・・・・

 

コウイチは凄い勢いで嘔吐しました。人間ってこんなに吐けるんだってくらい・・・。

 

 

そしてそれを見た僕とセイジももらいゲロしてしまいました・・・・・。

 

 

3人がすさまじい勢いで嘔吐しているので、絡んできた集団もやばいと思ったのかその場から逃げていきました。

 

3人は心ゆくまで吐いてすっきりした頃、路地は大量のゲロまみれ。

 

ちょうど飲食店の近くの路地だったのでさすがにまずいと思い、お店の人にお願いして清掃道具を借りて3人でゲロ掃除をしましたw

 

掃除が終わって一汗かいた後、セイジがぽつりと言いました。

 

「吐いたし、運動したら腹減ったな。ラーメンでもいかね?」

 

僕とコウイチは同意し、3人でラーメン大盛りを食べて帰宅しました。

 

何かと汚いネタで食事中の方は申し訳ありませんでした(^_^;

 

みなさんも食べ放題のラストオーダーにはご注意を。

 

今日は5年ぶりにコウイチとセイジと3人で焼き肉に行きます。

そのこともあって今回の件を思い出し書いてしまいましたw

食べ過ぎには注意しないとなぁ・・・

 

それではまたね(^_^)/

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

スポンサーリンク