AzuYahi日記

どうでもいい知識、思いつき、過去ゲーの紹介、妄想などなど

ドラクエⅪの発売が近いのでロト伝説をおさらいしてみた

スポンサーリンク

 

こんにちは!AzuYahiです。

 

いよいよドラクエⅪの発売まであと僅かとなりました。

発売したあかつきにはネットから離れてひたすらドラクエⅪに集中しようと計画中ですw

 

 

さて、今回のドラゴンクエストⅪはロト伝説に関係するストーリーであると言われています。

 

ロト伝説と言えばドラクエⅠ~ドラクエⅢまでのストーリーでメインになっていた伝説です。これらの主人公たちはみな勇者ロトにまつわる人物として登場します。

 

僕はてっきりドラクエⅢの主人公が勇者ロトだと思っていたのですが、実際は違うようなのでここで勇者ロトについておさらいしていきたいと思います。

 

 

 

精霊ルビス伝説 

遥かなるイデーン (ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説)

遥かなるイデーン (ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説)

 

ロト伝説はエニックスから出版された精霊ルビス伝説という小説からはじまっているのが解ります。

 

昔読んだことがあるのですが記憶が曖昧なのでネットでいろいろ調べながら簡単に書いていきます。

 

精霊ルビスはドラクエをプレイしている人なら聞いたことのある名前だと思いますが、勇者の冒険を影ながら支援してくれる精霊ですね。

 

彼女の本名はルビス・アピスト・カリクティスといって 火の精霊カリクティス家の血筋の精霊です。まあ、簡単に言えば由緒正しき精霊様って事ですね。

そのルビスが精霊と人間の混血がゆえに迫害をうけていた青年に恋をしてしまいます。

青年の名はディアルト・ケントロピーゲと言いました。

二人は愛し合うようになりますがそれが原因で二人の住んでいる世界(イデーン)は魔峰オーブが噴火して崩壊へと向かっていきます。ルビスは残された僅かな人たちを地上に逃がすために精霊神になりますがその過程で真の魔王が生まれてしまいます。

そしてその魔王を倒すために立ち上がったのが、ディアルト・ケントロピーゲでした。

彼の本当の名前はロトと言いました。

 

ロトは魔王を道連れに魔峰オーブの火口に飛び込んでしまいます。

火口は地上に繋がっていてそれがあのアレフガルドでした。

 

その後、ロトの名前は【勇者ロト】という称号として後世に受け継がれていくことになるのでした。

 

本当はもっと内容のある話だったと思うのですがうろおぼえなのでこれで勘弁してください(^_^;

 

 

遙か先の未来(ドラクエⅢ)

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ

 

 

 勇者ロトの称号が誕生してから遙か先の未来・・・・・。

 

世界は大魔王バラモスによって平和が脅かされていましたが、アリアハンの勇者オルデガの息子である主人公は大冒険の果てに大魔王バラモス討伐に成功します。

 

世界は平和になったかに思えましたが、真の大魔王ゾーマが登場します。主人公は再び世界を救うためにゾーマの待つギアガの大穴に飛び込みます。落ちた先で主人公が辿り着いたのはアレフガルドでした。

 

主人公は幾多の困難を乗り越えてついに大魔王ゾーマを討伐することに成功します。主人公の功績を世界中の人たちが称え、彼に勇者ロトの称号を贈ったのです。

しかし彼はいずこかに姿を消してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

数百年後(ドラクエⅠ)

ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト

 

 ゾーマ討伐から数百年後。

 アレフガルドを治めていた王国ラダトームが保管していた光の玉竜王という魔王が奪い去ってしまいました。光の玉は世界中の魔物を封印する役割を持っていたので、世界中の魔物の封印が解けてしまいます。

復活した魔物たちはラダトームのローラ姫も誘拐してしまいます。

ラダトームの兵士や腕自慢たちが竜王討伐とローラ姫の救出に旅立つが誰も生きて戻ってくる者はいませんでした。そんなある時、ラダトームの予言者がロトの血を引く勇者の出現を予言しました。

そして予言通り、ロトの血を引く勇者はラダトームに姿を現したのでした。

ちなみにこの時に出てくるロトというのはドラクエⅢの主人公をさしています。

 

勇者は人間離れした能力を駆使して幽閉されていたローラ姫を救出し、単独で竜王の城に侵入してついに竜王を討伐したのです。

 

こうしてアレフガルドに再び平和が訪れました。

 

勇者はその後ローラ姫と共に大陸を渡りローレシアという王国を築きました。

 

 

 

100年後(ドラクエⅡ)

ドラゴンクエストII

ドラゴンクエストII

 

 

勇者とローラ姫の間に3人の子供が生まれました。

勇者は3人の子供たちにそれぞれ国を統治させました。

ローレシア、サマルトリア、ムーンブルクです。この3カ国はロトの姉妹国として発展していくことになります。

 

そして100年後・・・。

 

ムーンブルクが邪教の大神官ハーゴンに滅ぼされてしまいます。

凶報を聞いたローレシアの王子とサマルトリアの王子は大神官ハーゴン討伐の旅に出発します。

道中でムーンブルクの王女との合流し3人旅に。

 

3人は様々な試練を乗り越えてついに大神官ハーゴンの討伐に成功します。しかしハーゴンはこときれる間際に破壊神シドーを復活させてしまいます。破壊神シドーの圧倒的な力に世界は滅亡するかと思われましたが、3人は力を合わせて破壊神シドーの討伐にも成功するのです。

ローレシアに凱旋した王子はその功績を認められて父より王位を譲り受けるのでした。

 

 

ドラクエⅪとロト伝説の繋がりは?

 

それではドラクエⅪはどの時系列の話になるのでしょう。

この情報はまだ明確にはされていませんが、タイトルの過ぎ去りし時を求めてから勝手に予想するとロトの起源にまつわる話では無いかと思っちゃったりします。

今回の記事でいくと精霊ルビス伝説の時代周辺ですね。あくまでも勝手な予想なのではずれると思いますけどね。

皆さんの予想もよろしければブックマーク等のコメントで教えてくれると嬉しいです。

 

それと余談ですがドラクエⅪはボイス無しではないかと噂になっています。ネットではボイスあり派とボイスなし派でいろいろ討論されているみたいですね。

 

ちなみに僕はボイスあり派です。画質がPS4でボイスが無いのは少し違和感がある気がしますからね(^_^;

 

それではまたね(^_^)/

 

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

 

www.azuyahi.xyz

 

スポンサーリンク