AzuYahi日記

どうでもいい知識、思いつき、妄想などなど

北海道大停電 道東の記録 その1

スポンサーリンク

f:id:dende061160:20180910084608j:plain

こんにちは!AzuYahiです。

 

 

北海道胆振東部地震。

 

 

地震の被害も甚大ですが、なにより北海道全体が停電になってしまうと言う僕が生まれてから一度も経験したことが無いような大災害でした。

 

現在もまだまだ災害によって苦しんでいる人が大勢いる状態ですが、とりあえず電気とネットが復旧したので僕の住んでいる道東で起こった出来事を今回は書いていこうと思います。

 

 

AM 5:00

 

2018年9月6日 AM3:07

 

北海道胆振東部地震が発生しました。

 

僕の住んでいる道東でも震度3の揺れを観測したそうですが、僕たち家族は疲れていたのか誰1人地震で目が覚めませんでした。

 

そして真っ先に異変を感じたのは妻でした。

 

AM5:00頃、妻は何気なくスマホでニュースを確認して北海道に大地震が起きていることを知ります。

そして家の中の異変にも気がついたそうです。

 

停電していたのです。

 

僕は妻に起こされてここでようやく目が覚めます。

 

寝ぼけていたので妻の説明を聞いてもすんなり頭に入ってきませんでしたが、スマホでニュースを読んでいくうちに事の重大さに気がついて一気に目が覚めてきました。

 

とりあえず停電が長引いたとして我が家で一番困ることはなんだろう・・・・。

 

困る事って言うより、我が家はオール電化なので電気がなければ調理ができないどころかお湯も沸かせません。

 

カセットコンロは持っているのですが肝心のガスがありませんでした。

 

とりあえず歩いて数分のところにコンビニがあるのでガスを購入する為にコンビニに向かいました。

 

 

AM6:00

 

僕がコンビニに向かって歩いて行くと恐れていたことが現実に起きていることを知りました。

 

町中の信号機が消えていました。

 

そのせいで事故が起きているのかあちらこちらからパトカーや救急車のサインが聞こえてきました。

 

これから自動車の乗るときはかなりの注意が必要だなと思いました。

 

そうこう考えているうちにコンビニに到着したのですが・・・・。

 

コンビニの入り口には大勢の人達が行列を作っていました。

 

これは今から並んでもガスを購入できるとは思えなかったので僕は諦めて家に戻りました。

 

しかし、このままで我が家は何もできない状態になってしまうので何か考えなければなりません。

 

たしか実家にカセットコンロがあったよな?

 

実家のキッチンはガスコンロなのでカセットコンロのガスを分けてくれるのではと考えました。

 

僕はすぐに実家に電話をするとカセットコンロのガスがたくさん余っていると言うことだったので、早速ガスを取りに実家に向かうことにしました。

 

しかし、実家までは距離があるので自動車で移動しなければなりません。

 

信号機が消灯した状態で車で移動するのはとても嫌でしたが僕はやむなく自動車で実家に出発したのでした。

 

 

AM6:30

 

信号機が消灯している中、僕は自動車を走らせました。

 

かなり危険だと思っていましたが、交差点ではそれぞれのドライバーが譲り合いの気持ちを持っていたのでスムーズに進むことができました。

頭のおかしいドライバーがいたらどうなっていたか解りませんが、とりあえず無事に実家まで辿り着くことができました。

 

実家につくと母がガスを用意して待っていました。

 

母は心配なので嫁と孫達を実家に連れておいでと言いました。

 

たしかに一箇所に集まっている方がなにかと安心かも知れないので、とりあえず落ち着いたらみんなで実家に来ることを母に約束して実家を後にしました。

 

帰りの道中も交差点で細心の注意を払って走行していたのですがここで頭のおかしいドライバーに遭遇してしまいました。

 

若い女性のドライバーだったのですが、交差点で強引に追い抜きをはじめたのです。当然まわりの車は一斉に急ブレーキをかけてキキキーとタイヤの音が響き渡りました。

強引に過ぎ去っていく自動車のナンバーを確認すると、

 

777でした。

 

やっぱりなと僕は心の中で思いました。

 

www.azuyahi.xyz

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

AM7:00

 

僕は無事に家に到着すると嫁にカセットコンロのガスを渡しました。

 

こうしてようやく我が家に朝ご飯の時間が訪れました。

 

いつ終わるか解らない停電で不安でいっぱいだったんですが、腹がふくれるとなんだか元気が沸いてきます。

食事というのはとてもありがたい物だとつくづく思いました。

 

そうこうしている間にあることに気がつきました。

 

そろそろ会社に行く時間。

 

こんな大災害でも会社からは何の連絡もありませんでした。

 

電気が止まっていて仕事なんてできるはずもないのに休みにするという決断をしません。

 

今回に限ったことではなく、北海道の企業は精神論に重きを置くところが多いのでこういう災害の時こそ何故か無理矢理にでも仕事をしようとします。

 

本当にばかげていると思うでしょうが北海道ではこれが普通なんです。

 

こういう無理がたたって二次災害を引き起こすこともしょっちゅうですが全然懲りません。

 

うちの会社はこういう災害時には迅速に休みの連絡が来ますよ!!という道民の方はとても良い職場に勤めているんだと誇って良いと思います。

 

さて、僕がとりあえず出社すると会社の入り口の前に社員達が集まっていました。どうやらこれからどうするか話し合っているみたいです。

 

これからどうするか話し合うといっても、自宅待機にするしかないと僕は思っていました。

 

すると精神論に取り憑かれたあり得ない提案をしてきます。

 

内業ができないのなら社員全員で外仕事に行こう

 

は?信号機が機能していないのに危険でしょ?

 

僕がこれに突っ込むと、半笑いで返されました。

 

なんとかなるってwww

 

そんな適当な考えで本気で外仕事を勧めてくるのだからマジで恐ろしいですよね・・・。

 

と、いうより既に外仕事に出発している社員もいました。

 

急いでいる仕事でもないのに何故こんな大災害の日を選んで外仕事に出て行くのか?

 

停電がいつまで続くか解らないのだから帰宅していろいろ準備をした方が良いのではないか?

 

僕はこれらを提案しますが、精神論者には何を言っても通用しません。

 

しかし、この時は自宅待機という意見が精神論者の意見を上回ったので、全員自宅待機という結論になりました。既に外仕事に出てしまった社員については・・・・放置と言うことで。

 

本当に良い方向に天秤が傾いてくれて良かったと思います。

 

こうして僕は会社から解放されて自宅に帰りました。

 

自宅に帰ると荷物をまとめて嫁と子供達を車に乗せてとりあえず実家に向かうことにしました。そのついでに食料品を購入するべく空いているコンビ二によりながら行くことにしました。

 

長くなってしまったのでいったんここで締めたいと思います。

 

続きはまた近々書きたいと思いますので良かったら読んでくださいね。

 

それではまたね(^_^)/

 

スポンサーリンク